格安で人気のあるレンタカープランの特徴

レンタカーを借りるのに12時間で5000円程度というのが相場だったのに対し、最近では半額程度の格安料金で借りられる会社も出てきています。格安で借りられるレンタカーは使っている車に特徴があります。ディーラー系のレンタカー会社は新車を使っているところがほとんどですが、格安の会社は走ることは十分に可能なものの、中古車市場で売れない車を集めてメンテナンスして貸し出ししています。お店の運営もフランチャイズ店として運営を行っているため、ガソリンスタンドや整備工場に併設していることが多く、これまでの業務のノウハウを生かしたオーナーが経営をしていることが多いです。既存の事業の設備や知識を用いて経営を行えば、何もないところからスタートするよりもサービスを安価に提供することが可能になります。

格安のレンタカーは簡単に予約ができる

格安で借りられるレンタカーの予約方法は電話またはWEBサイトからとなっています。電話の場合は時間制限がありますので、決められた時間内に電話をかける必王がありますが、WEBサイトで予約する場合は24時間対応をしています。WEBで予約する場合は、利用したい店舗を選んだ上で、利用日や借りたい車を選びます。カーナビやチャイルドシートなど、有料オプションもこの時に選択することができます。店舗によって取り扱っている車種が異なるため、すべての車種から選べるわけではありません。車の在庫が確認できたら、支払い方法や利用者の氏名を入力して予約が完了します。支払いは、現金の他、クレジットカードでも可能になっています。レンタカー会社によっては、会員制度を設けており割引が受けられたり、書類の作成が簡素化できたりするサービスがあります。

格安レンタカーを借りる時に注意すべきポイント

格安レンタカーを借りる時に駅や空港まで迎えに来てもらうことがありますが、大手のレンタカー会社のように迅速に行ってくれるとは限りません。また、レンタカーを返した後に駅や空港に送迎してもらう時も速やかに送ってくれるとは限らないため、時間に余裕を持って返すことが必要です。借りる前に車についている傷のチェックを入念に行っておき、車体の写真を撮っておくことで、返却した時に傷がついていると言われてトラブルになる可能性を抑えることができます。ガソリンスタンドが貸している場合、最終的にそこで満タンにしてから返却するように言われることがありますが、必ずしもガソリン代が安いわけではないため、事前に安いガソリンスタンドで満タンにしておくと費用を安くできます。返却時間に遅れると遅延料金が発生しますので、時間に余裕を持って借りましょう。